勝海舟「偶感」
勝海舟「偶感」
勝 海舟(かつ かいしゅう)筆跡
1823(文政6)〜1899(明治32)
出身県・ゆかりの県:
師:島田 虎之助 男谷 精一郎 佐久間 象山
弟子:坂本 竜馬 平野 玉城
交流関係:西郷 南州
勝 海舟(かつ かいしゅう)
  江戸時代末の幕臣、政治家。海舟は号であり、幼名は麟太郎、のち義邦、そして安芳と名を変える。

剣術を鍛えるとともに蘭学にも親しみ、長崎海軍操練所で航海術と砲術を学ぶ。「すみやかに諸外国と交流してその文化を吸収し、日本の国を強い国に育てる」ということを持論としていた。ペリー来航に際して幕府に意見書を提出するなど、経済的には恵まれない旗本の息子ではあっても、若い頃から目立つ存在であったといわれる。そのため攘夷派から命を狙われることにもなり、坂本龍馬が彼を暗殺しに来るが、逆に説き伏せて自分の弟子にした。

万延元年には咸臨丸の艦長としてアメリカを往復。この使節の成功により、彼は一転して幕府内でも強い発言力を持つ立場になり、幕府の軍艦奉行に任命された。その後池田屋事件に連座して謹慎処分となるものの、幕府が第二次長州征伐に失敗すると、その和睦のための全権使者に任じられ、和睦を成立させる。その後大政奉還、官軍の東海道東進となると、旧知の仲であった官軍の幹部・西郷隆盛と連絡を取り、3日間の会談の末、江戸無血開城をなしとげ、江戸が火の海になるのを救った。

明治維新以後は何度か政府の要職(参議・海軍卿・枢密顧問官)に付くが、権力闘争からは離れた立場にいて、むしろ悠々自適の日々を送ったようにも見える。 
勝 海舟のことなら、私たちにお任せください!

父の代から40年美術業界で培った経験を元に、勝 海舟作品を責任を持って査定させて頂きます。
ご売却の他、鑑定・修復など、あらゆるご相談に応じます。
親切・丁寧にご説明することをモットーとしておりますので、お気軽にご連絡下さい。
なお、買取りのお見積もりは無料です。

最新カタログ
カタログ誌
秋華洞
Vol.59
2019「春号」
美術館とは ひと味ちがう、自分だけの「お気に入り」を探してみてください。
最新カタログのご請求