本阿弥光悦筆、俵屋宗達下絵「鶴下絵三十六歌仙和歌巻」(東京国立博物館蔵)
本阿弥光悦筆、俵屋宗達下絵「鶴下絵三十六歌仙和歌巻」(東京国立博物館蔵)
俵屋 宗達(たわらや そうたつ)絵師・浮世絵師(江戸以前)
()〜()
出身県・ゆかりの県:京都
所属・会派:琳派
俵屋 宗達(たわらや そうたつ)
 生没年不詳。「俵屋」は京都上層町衆を相手に扇絵、料紙装飾、屏風などの装飾絵画の注文制作を手がけた絵屋である。本阿弥光悦の指導により宗達のもたらした大胆な意匠化、装飾の革新はニューモードとして世間の支持を得た。中でも本阿弥光悦との合作〈鶴下絵三十六歌仙和歌巻〉の、時間的経過を感じさせるアニメーション的発想の下絵は見事である。水墨画、屏風絵、襖絵の制作など活動をより公的な場に広げ、時期は定かでないが1630年以前には法橋位を与えられている。人物像はほとんどわかっておらず、その作品の際立った芸術性に魅了される。
俵屋 宗達のことなら、私たちにお任せください!

父の代から40年美術業界で培った経験を元に、俵屋 宗達作品を責任を持って査定させて頂きます。
ご売却の他、鑑定・修復など、あらゆるご相談に応じます。
親切・丁寧にご説明することをモットーとしておりますので、お気軽にご連絡下さい。
なお、買取りのお見積もりは無料です。

最新カタログ
カタログ誌
秋華洞
Vol.59
2019「春号」
美術館とは ひと味ちがう、自分だけの「お気に入り」を探してみてください。
最新カタログのご請求