斎藤 真一「年落とし~越後瞽女日記より~」
斎藤 真一「年落とし~越後瞽女日記より~」
斎藤 真一(さいとう しんいち)洋画
1922(大正11)〜1994(平成6)
出身県・ゆかりの県:東京岡山
交流関係:藤田 嗣治
こちらのサイトに掲載されている作品はごく一部です。
未掲載作品は最新カタログや銀座の店舗でご覧いただけます。
斎藤 真一(さいとう しんいち)
1948年(昭和23年)東京美術学校を卒業。1959年(昭和34年)バイクでヨーロッパを遊学、フランスに留学して藤田嗣治らと親交を結んだ。1971年(昭和46年)"みさを瞽女の哀しみ・越後瞽女日記より"が第14回安井賞展佳作賞を受賞。また、1973年(昭和48年)随筆、瞽女をテーマに独特の精神世界を描き、日本エッセイストクラブ賞受賞する。「瞽女シリーズ」によって雪深い津軽地方での三味線を弾き語る瞽女さんたちを世に知らしめた。
斎藤 真一のことなら、私たちにお任せください!

父の代から40年美術業界で培った経験を元に、斎藤 真一作品を責任を持って査定させて頂きます。
ご売却の他、鑑定・修復など、あらゆるご相談に応じます。
親切・丁寧にご説明することをモットーとしておりますので、お気軽にご連絡下さい。
なお、買取りのお見積もりは無料です。

最新カタログ
カタログ誌
秋華洞
Vol.59
2019「春号」
美術館とは ひと味ちがう、自分だけの「お気に入り」を探してみてください。
最新カタログのご請求