小野 竹喬 「春の海」
小野 竹喬 「春の海」
小野 竹喬(おの ちっきょう)日本画
1889(明治22)〜1979(昭和54)
出身県・ゆかりの県:京都岡山
所属・会派:日展国画創作協会
小野 竹喬(おの ちっきょう)
1906年京都に出、竹内栖鳳に入門。1909年新設された京都市立絵画専門学校(現、京都市立芸術大学)別科に土田麦僊とともに入学。1918年に村上華岳、土田麦僊とともに国画創作協会を結成する。1923年に号を「竹喬」と改める。1928年経営不振から国画創作協会を解散。1950年京都市立美術専門学校教授となる。日展常務理事。文化勲章を受章。
秋華洞よりひとこと
静かな情感の溢れた風景画を数多く描いた小野竹喬。そんな竹喬は松尾芭蕉を好んだそうで、松尾芭蕉の『奥の細道』を題材とした連作「奥の細道句抄絵」を発表しています。竹喬と芭蕉。 表現方法の違いこそあるものの、ともに日本の自然を詩情豊かに描き出したという点においては共通していると言えるかもしれません。
小野 竹喬のことなら、私たちにお任せください!

父の代から40年美術業界で培った経験を元に、小野 竹喬作品を責任を持って査定させて頂きます。
ご売却の他、鑑定・修復など、あらゆるご相談に応じます。
親切・丁寧にご説明することをモットーとしておりますので、お気軽にご連絡下さい。
なお、買取りのお見積もりは無料です。

最新カタログ
カタログ誌
秋華洞
Vol.59
2019「春号」
美術館とは ひと味ちがう、自分だけの「お気に入り」を探してみてください。
最新カタログのご請求