三岸 節子「花」
三岸 節子「花」
三岸 節子(みぎし せつこ)洋画
1905(明治38)〜1999(平成11)
出身県・ゆかりの県:神奈川愛知
所属・会派:女流画家協会
交流関係:佐伯 米子
三岸 節子(みぎし せつこ)
1921(大正10)年に上京し岡田三郎助に師事、本郷洋画研究所に通う。1922(大正11)年女子美術学校に編入。1925(大正14)年に春陽展に「肖像」ほかで入賞する。戦後1946(昭和21)年、佐伯米子らと女流画家協会を創立。1968(昭和43)年には南仏のカーニュに居を定める。また1969(昭和44)年、女流総合展「潮」を創立、この頃から風景画家としても歩みだす。女流画家の旗手的立場で、画壇における女性の地位の確立に寄与した。深い精神性を持つ重厚なタッチが特徴的で生涯花をモチーフにして描いている。
三岸 節子のことなら、私たちにお任せください!

父の代から40年美術業界で培った経験を元に、作品を責任を持って査定させて頂きます。
ご売却の他、鑑定・修復など、あらゆるご相談に応じます。
親切・丁寧にご説明することをモットーとしておりますので、お気軽にご連絡下さい。
なお、買取りのお見積もりは無料です。

最新カタログ
カタログ誌
秋華洞
Vol.60
2019「夏号」
美術館とは ひと味ちがう、自分だけの「お気に入り」を探してみてください。
最新カタログのご請求