正岡 子規「短冊」
正岡 子規「短冊」
正岡 子規(まさおか しき)筆跡
1867(慶応3)〜1902(明治35)
出身県・ゆかりの県:愛媛
師:高浜 虚子 伊藤 左千夫
交流関係:夏目 漱石
正岡 子規(まさおか しき)
明治時代を代表する文学者のひとり。1867(慶応3)年、伊予国(現・愛媛県)に生まれる。1892(明治25)年東京帝国大学中退。新聞社に入社、最初は小説を書くも、後に俳句に転じる。「ほとどきす」刊行に携わり、高浜虚子らを育成。「歌よみに与ふる書」を「日本」に連載し短歌の革新を精力的に目指すも長い病床生活の末、35歳で死去。
正岡 子規のことなら、私たちにお任せください!

父の代から40年美術業界で培った経験を元に、作品を責任を持って査定させて頂きます。
ご売却の他、鑑定・修復など、あらゆるご相談に応じます。
親切・丁寧にご説明することをモットーとしておりますので、お気軽にご連絡下さい。
なお、買取りのお見積もりは無料です。

最新カタログ
カタログ誌
秋華洞
Vol.60
2019「夏号」
美術館とは ひと味ちがう、自分だけの「お気に入り」を探してみてください。
最新カタログのご請求