小山 敬三「紅浅間」
小山 敬三「紅浅間」
小山 敬三(こやま けいぞう)洋画
1893(明治30)〜1987(昭和62)
出身県・ゆかりの県:東京長野
所属・会派:日展一水会
交流関係:安井 曾太郎石井 伯亭木下 孝則硲 伊之助
小山 敬三(こやま けいぞう)
長野県小諸に生まれる。上田中学校卒、慶応義塾中退。川端画学校で藤島武二に師事。島崎藤村のすすめで渡米した後はシャルル・ゲランに油絵の基礎を学ぶ。昭和47年故郷小諸市に作品を寄贈し、「小山敬三美術振興財団」を設立、50年小諸市立小山敬三美術館を開館。日展理事。文化功労者。文化勲章受章。 
小山 敬三のことなら、私たちにお任せください!

父の代から40年美術業界で培った経験を元に、作品を責任を持って査定させて頂きます。
ご売却の他、鑑定・修復など、あらゆるご相談に応じます。
親切・丁寧にご説明することをモットーとしておりますので、お気軽にご連絡下さい。
なお、買取りのお見積もりは無料です。

最新カタログ
カタログ誌
秋華洞
Vol.61
2019「秋号」
美術館とは ひと味ちがう、自分だけの「お気に入り」を探してみてください。
最新カタログのご請求