安井 曽太郎「赤衣婦人立像」
安井 曽太郎「赤衣婦人立像」
安井 曾太郎(やすい そうたろう)洋画
1888(明治21)〜1955(昭和30)
出身県・ゆかりの県:神奈川京都
所属・会派:二科会一水会
師:ジャン・ポール・ローランス浅井 忠
弟子:中村 琢二
交流関係:梅原 龍三郎津田 青楓
安井 曾太郎(やすい そうたろう)
1904年、洋画家を志して聖護院洋画研究所に入り、すでに入所していた梅原龍三郎とともに浅井忠に師事。1907年、津田青楓に同行して渡仏、パリのアカデミー・ジュリアンに入学する。帰国後は二科会会員にも推挙され、二科展への出品を続ける。しかし1935年に帝国美術院会員に挙げられたのを機に二科会を離れ、一水会を結成。1944年、東京美術学校教授に就任、戦後は日本美術家連盟の初代会長に推される。1952年、東京芸術大学を退官、同年に文化勲章受章。
秋華洞よりひとこと
東京芸術大学の美術学部構内には和装の安井曾太郎像があります。風土の異なる西洋で育まれた油彩画。しかし、ひたすら日本的油彩画を模索し、「安井様式」と呼ばれる日本的で清楚な画風を打ち立てた安井の姿を和装の像に見ることが出来るでしょう。
安井 曾太郎のことなら、私たちにお任せください!

父の代から40年美術業界で培った経験を元に、作品を責任を持って査定させて頂きます。
ご売却の他、鑑定・修復など、あらゆるご相談に応じます。
親切・丁寧にご説明することをモットーとしておりますので、お気軽にご連絡下さい。
なお、買取りのお見積もりは無料です。

最新カタログ
カタログ誌
秋華洞
Vol.61
2019「秋号」
美術館とは ひと味ちがう、自分だけの「お気に入り」を探してみてください。
最新カタログのご請求