小村雪岱「雪の朝」
小村雪岱「雪の朝」
小村 雪岱(こむら せったい)日本画版画家
1889(明治20)〜1940(昭和15)
出身県・ゆかりの県:東京埼玉
小村 雪岱(こむら せったい)
本名安並泰輔。明治36年荒木寛畝の画塾に入り、翌37年東京美術学校に入学し、下村観山の指導を受ける。大正3年泉鏡花「日本橋」の装幀や里見?ク「多情仏心」の挿絵などを担当し、昭和8年「おせん」で挿絵画家として不動の地位。松岡映丘の門下として舞台美術や風俗考証にも長ける。"昭和の春信"と呼ばれ浮世絵風美人が人気を博した。
小村 雪岱のことなら、私たちにお任せください!

父の代から40年美術業界で培った経験を元に、小村 雪岱作品を責任を持って査定させて頂きます。
ご売却の他、鑑定・修復など、あらゆるご相談に応じます。
親切・丁寧にご説明することをモットーとしておりますので、お気軽にご連絡下さい。
なお、買取りのお見積もりは無料です。

最新カタログ
カタログ誌
秋華洞
Vol.61
2019「秋号」
美術館とは ひと味ちがう、自分だけの「お気に入り」を探してみてください。
最新カタログのご請求