北大路魯山人「志野茶碗」
北大路魯山人「志野茶碗」
北大路 魯山人(きたおおじ ろさんじん)工芸
明治16(1883)()〜昭和34(1959)()
出身県・ゆかりの県:神奈川京都
弟子:平野 雅章
交流関係:土田 麦僊
北大路 魯山人(きたおおじ ろさんじん)
陶芸家、書家、美食家、料理家。初め書家として名声を博す。料理や骨董にも興味を持ち、1919年東京に骨董店「大雅堂芸術店」を開店、やがて作陶も始める。特定の師を持つことなく、独自の鑑賞眼を以て古美術品から学んだ技と精神を土台に、独創的な作品を生み出した。1955年人間国宝認定辞退。
北大路 魯山人のことなら、私たちにお任せください!

父の代から40年美術業界で培った経験を元に、北大路 魯山人作品を責任を持って査定させて頂きます。
ご売却の他、鑑定・修復など、あらゆるご相談に応じます。
親切・丁寧にご説明することをモットーとしておりますので、お気軽にご連絡下さい。
なお、買取りのお見積もりは無料です。

最新カタログ
カタログ誌
秋華洞
Vol.59
2019「春号」
美術館とは ひと味ちがう、自分だけの「お気に入り」を探してみてください。
最新カタログのご請求