西郷南州「示子弟詩」
西郷南州「示子弟詩」
西郷 南州(さいごう なんしゅう)筆跡
1828(文政10)〜1877(明治10)
出身県・ゆかりの県:鹿児島
交流関係:大久保 利通 木戸 孝允
西郷 南洲
「「明籌奇策」三行」
こちらのサイトに掲載されている作品はごく一部です。
未掲載作品は最新カタログや銀座の店舗でご覧いただけます。
西郷 南州(さいごう なんしゅう)
薩摩藩の下級武士であったが藩主島津斉彬に見いだされる。薩長同盟(1866)、王政復古(1867)を成功させる。戊辰戦争を主導し、江戸城無血開城を実現させた。一時期薩摩へ帰郷するも1871(明治4)年に新政府に復職。やがて征韓論をめぐり大久保利通らと対立。再び薩摩に戻り私学校を設立し教育に携わるも、1877(明治10)年西南戦争が勃発し敗れて城山で自刃した。 そんな激動の生涯を表すかのように、その書は剛直・大胆な書風が特徴的である。

西郷 南州のことなら、私たちにお任せください!

父の代から40年美術業界で培った経験を元に、西郷 南州作品を責任を持って査定させて頂きます。
ご売却の他、鑑定・修復など、あらゆるご相談に応じます。
親切・丁寧にご説明することをモットーとしておりますので、お気軽にご連絡下さい。
なお、買取りのお見積もりは無料です。

最新カタログ
カタログ誌
秋華洞
Vol.60
2019「夏号」
美術館とは ひと味ちがう、自分だけの「お気に入り」を探してみてください。
最新カタログのご請求