金島桂華 「白椿」 
金島桂華 「白椿」 
金島 桂華(かなしま けいか)日本画
1892(明治25)〜1974(昭和49)
出身県・ゆかりの県:京都広島
所属・会派:円山四条派
金島 桂華(かなしま けいか)
14歳から師につき日本画の手ほどきを受け、優れた素質を見せる。画家を志し、明治44年、京都の竹内栖鳳の画塾「竹杖会」に入塾。花鳥画を基本に修行する。 大正7年第12回文展にて初入選、以後、帝展、日展で入選を重ねる。昭和にはいり、ますます装飾性を加えた明快な画面へと作風が変化し、写実に徹しながらも、新しい感覚と豊かな色彩による花鳥作品に挑み続けた。昭和12?14年の間、京都市立美術工芸学校教諭。28年日本芸術院賞受賞、29年日本芸術院会員となり、堅実に階段をのぼっていき、京都画壇の最高峰となる。
金島 桂華のことなら、私たちにお任せください!

父の代から40年美術業界で培った経験を元に、金島 桂華作品を責任を持って査定させて頂きます。
ご売却の他、鑑定・修復など、あらゆるご相談に応じます。
親切・丁寧にご説明することをモットーとしておりますので、お気軽にご連絡下さい。
なお、買取りのお見積もりは無料です。

最新カタログ
カタログ誌
秋華洞
Vol.59
2019「春号」
美術館とは ひと味ちがう、自分だけの「お気に入り」を探してみてください。
最新カタログのご請求