奥村 土牛「富士」
奥村 土牛「富士」
奥村 土牛(おくむら とぎゅう)日本画
1889(明治22)〜1990(平成2)
出身県・ゆかりの県:東京
所属・会派:日本美術院
師:小林 古径梶田 半古
弟子:塩出 秀雄 松本 勝
奥村 土牛(おくむら とぎゅう)
1905(明治38)年、16歳で日本画家の梶田半古に入門し、塾頭格の小林古径に指導を受ける。雅号を土牛とした。1927年、38歳の時「胡瓜畑」で第14回院展に初入選し、以後撰画会展に入選を重ね、1932年、日本美術院同人となる。雅号「土牛」は、出版社を営んでいた父が寒山詩から引用してつけた。刷毛で胡粉などを何百回と塗り重ねることで生み出される、淡く澄んだ色調と洗練された構図による画風が特徴。1962年文化勲章受賞。
奥村 土牛のことなら、私たちにお任せください!

父の代から40年美術業界で培った経験を元に、奥村 土牛作品を責任を持って査定させて頂きます。
ご売却の他、鑑定・修復など、あらゆるご相談に応じます。
親切・丁寧にご説明することをモットーとしておりますので、お気軽にご連絡下さい。
なお、買取りのお見積もりは無料です。

最新カタログ
カタログ誌
秋華洞
Vol.61
2019「秋号」
美術館とは ひと味ちがう、自分だけの「お気に入り」を探してみてください。
最新カタログのご請求