梶田 半古(かじた はんこ)日本画
1870(明治3)〜1917( 大正6)
出身県・ゆかりの県:東京
師:鍋田 玉英菊池 容斎
梶田 半古(かじた はんこ)
東京下谷生まれ。本名錠次郎。鍋田玉英に四条派を学んだのち諸派を研究。菊池容斎にも私淑し歴史画を研究した。1891年(明治24)日本青年絵画協会創立に参加し、のち日本絵画協会、日本美術院で活躍。工芸図案、挿絵でも知られた。後進の育成にも力を尽くし半古の門下には小林古径、前田青邨、奥村土牛ら、のちに日本美術院を背負う多くの作家が育った。
梶田 半古のことなら、私たちにお任せください!

父の代から40年美術業界で培った経験を元に、梶田 半古作品を責任を持って査定させて頂きます。
ご売却の他、鑑定・修復など、あらゆるご相談に応じます。
親切・丁寧にご説明することをモットーとしておりますので、お気軽にご連絡下さい。
なお、買取りのお見積もりは無料です。

最新カタログ
カタログ誌
秋華洞
Vol.59
2019「春号」
美術館とは ひと味ちがう、自分だけの「お気に入り」を探してみてください。
最新カタログのご請求