イサム・ノグチ(いさむ・のぐち)彫刻
1904(明治37)〜1988(昭和63)
出身県・ゆかりの県:神奈川
師:北大路 魯山人コンスタンティン・ブランクーシ
交流関係:丹下 健三 谷口 吉郎 アントニン・レーモンド
こちらのサイトに掲載されている作品はごく一部です。
未掲載作品は最新カタログや銀座の店舗でご覧いただけます。
イサム・ノグチ(いさむ・のぐち)
詩人野口米次郎と米国人小説家レオーニ・ギルモアの間にロサンゼルスにて生まれる。日本名野口勇。少年期を日本で過ごした後、彫刻を志して渡米する。1927年に渡仏しブランクーシの助手を務め、1932年からニューヨークに工房を造り制作を開始。1950年に再来日した後は、丹下健三、谷口吉郎、アントニン・レーモンドらと知己になり、鎌倉の北大路魯山人に陶芸を学び素焼きの作品を制作している。その後日本とニューヨークを往来しながら制作を続けた。有機的なフォルムによる堅牢で優美な造形を試み、彫刻以外にも家具、ランプ、造園の設計、舞台美術などさまざまな分野で活躍した。
イサム・ノグチのことなら、私たちにお任せください!

父の代から40年美術業界で培った経験を元に、イサム・ノグチ作品を責任を持って査定させて頂きます。
ご売却の他、鑑定・修復など、あらゆるご相談に応じます。
親切・丁寧にご説明することをモットーとしておりますので、お気軽にご連絡下さい。
なお、買取りのお見積もりは無料です。

最新カタログ
カタログ誌
秋華洞
Vol.60
2019「夏号」
美術館とは ひと味ちがう、自分だけの「お気に入り」を探してみてください。
最新カタログのご請求