池田 遙邨「祇園の桜」
池田 遙邨「祇園の桜」
池田 遙邨(池田 遙邨)日本画
1895(明治28)〜1988(昭和63)
出身県・ゆかりの県:岡山
交流関係:小野 竹喬
池田 遙邨(池田 遙邨)
本名昇一。はじめ洋画を学ぶが、大正8年(1919)竹杖会に入り竹内栖鳳に師事、日本画へ移行する。同年第1回帝展に入選。日本画の巨匠・冨田渓仙の作風に共鳴した時期を経て、戦後には装飾的でユーモアに富んだ独自の画風で、日展や個展を中心に作品の発表を続けた。やがて、風景画に独自の画境をきり開いた。第9回、第11回帝展で特選。同11から24年京都市立絵画専門学校(現、京都市立芸術大学)助教授をつとめる。同28年青塔社を主宰。日本芸術院賞受賞。日本芸術院会員。文化功労者。文化勲章受章。
池田 遙邨のことなら、私たちにお任せください!

父の代から40年美術業界で培った経験を元に、池田 遙邨作品を責任を持って査定させて頂きます。
ご売却の他、鑑定・修復など、あらゆるご相談に応じます。
親切・丁寧にご説明することをモットーとしておりますので、お気軽にご連絡下さい。
なお、買取りのお見積もりは無料です。

最新カタログ
カタログ誌
秋華洞
Vol.59
2019「春号」
美術館とは ひと味ちがう、自分だけの「お気に入り」を探してみてください。
最新カタログのご請求