青木木米「兎道朝暾図」(東京国立博物館蔵)
青木木米「兎道朝暾図」(東京国立博物館蔵)
青木 木米(あおき もくべい)絵師・浮世絵師(江戸以前)
1767(明和4)〜1833(天保4)
出身県・ゆかりの県:京都
師:奥田 頴川 
交流関係:田能村 竹田頼 山陽 篠崎 小竹 田中 鶴翁
こちらのサイトに掲載されている作品はごく一部です。
未掲載作品は最新カタログや銀座の店舗でご覧いただけます。
青木 木米(あおき もくべい)
江戸後期の陶工,南画家。通称木屋佐兵衛。幼名を八十八といい、合わせて木米と称した。他、聴力を失って後、聾米とも称す。高芙蓉,木村蒹葭堂と交わり文人としての素養を身につけ,田能村竹田,頼山陽の知遇を得た。作品は染付、青磁等の煎茶器を主とし、墓石に見られる「識字陶工木米之墓」という文字からは生涯陶工としての精神を貫いた事がわかるが、また書画詩文にも高韻あるものを残した。代表作に「兎道朝暾図」(うじちょうとんず)(東京国立博物館蔵)がある。
青木 木米のことなら、私たちにお任せください!

父の代から40年美術業界で培った経験を元に、青木 木米作品を責任を持って査定させて頂きます。
ご売却の他、鑑定・修復など、あらゆるご相談に応じます。
親切・丁寧にご説明することをモットーとしておりますので、お気軽にご連絡下さい。
なお、買取りのお見積もりは無料です。

最新カタログ
カタログ誌
秋華洞
Vol.60
2019「夏号」
美術館とは ひと味ちがう、自分だけの「お気に入り」を探してみてください。
最新カタログのご請求