田能村竹田「船窓小戯帖」
田能村竹田「船窓小戯帖」
田能村 竹田(たのむら ちくでん)絵師・浮世絵師(江戸以前)
1777(安永6)〜1835(天保6)
出身県・ゆかりの県:大分
田能村 竹田(たのむら ちくでん)
豊後(大分)の藩医の家に生まれ、藩政への批判から員隠遁して文人的生活に入った。初め南蘋系作風の完成された画を描いたが、南宗画法を意識した作画も同時期に始まっている。また頼山陽、青木木米ら京、大阪の文人・画人との親交が文人画・正統派南宗画法への興味を後押ししたと言われる。中国画の学習と実景の融合から確立された竹田画風は、観る者の視線を画中に誘う巧みな画面構成を特徴とする。
田能村 竹田のことなら、私たちにお任せください!

父の代から40年美術業界で培った経験を元に、田能村 竹田作品を責任を持って査定させて頂きます。
ご売却の他、鑑定・修復など、あらゆるご相談に応じます。
親切・丁寧にご説明することをモットーとしておりますので、お気軽にご連絡下さい。
なお、買取りのお見積もりは無料です。

最新カタログ
カタログ誌
秋華洞
Vol.59
2019「春号」
美術館とは ひと味ちがう、自分だけの「お気に入り」を探してみてください。
最新カタログのご請求