「かむろ」
価格¥250,000
サイズ102.2×48.4(203.3×64.3)cm
素材絹本着色
備考軸装
落款・印
昭和23年作
シミ
作品番号A2-90-649
キーワード美人画
作品解説
昭和23年3月、七代目大谷友右衛門の襲名を記念して、その際に演じられた『戻駕色相肩』の禿「たより」を描いた一幅。後に四代目雀右衛門を襲名し、晩年まで瑞々しく艶やかな芸格と容姿を誇った名女形の、どこか初々しく眩しい晴れの舞台です。

【読み】
為七世大谷友右衛門丈 昭和廿三年三月清言筆(印)

5代目 鳥居清忠(とりい きよただ)
明治33(1900)~昭和51(1976) 日本画家、看板絵師、舞台美術家。鳥居派8代目宗家。本名、斎藤信。前名に清言、言人。小堀靹音に大和絵を、鏑木清方に美人画を学ぶ。鳥居派の専業である歌舞伎絵を制作する一方、言人の名で美人版画や、挿絵を数多く手掛けた。舞台美術、時代考証の分野でも活躍する。日展入選。
最新カタログ
カタログ誌
秋華洞
Vol.63
2020「春号」
美術館とは ひと味ちがう、自分だけの「お気に入り」を探してみてください。
最新カタログのご請求