幕末から明治にかけて活躍した河鍋暁斎。国芳に浮世絵を学んだ後、狩野派に入門し伝統的な官学派の絵画を学んだ暁斎は幅広いジャンルの無数の作品を残しました。
近年ますます注目が集まる河鍋暁斎、秋華洞所蔵の暁斎作品と、現代作家による暁斎へのオマージュ作品を通して、その魅力を広く伝えます。

展示作家:河鍋暁斎、岡本東子、平良志季、森謙次、木原千春、江田朋哉
幕末から明治にかけて活躍した河鍋暁斎。国芳に浮世絵を学んだ後、狩野派に入門し伝統的な官学派の絵画を学んだ暁斎は幅広いジャンルの無数の作品を残しました。
近年ますます注目が集まる河鍋暁斎、秋華洞所蔵の暁斎作品と、現代作家による暁斎へのオマージュ作品を通して、その魅力を広く伝えます。

展示作家:河鍋暁斎、岡本東子、平良志季、森謙次、木原千春、江田朋哉
展覧会情報
会期2019年11月8日(金)〜17日(日)
会場ぎゃらりい秋華洞
時間10:00〜18:00
備考会期中無休 入場無料
展示作品紹介
河鍋暁斎
河鍋暁斎「狂斎百狂 どふけ百万編」
河鍋暁斎「狂斎百狂 どふけ百万編」
木原千春
「線を捕まえる猫図」 ―  河鍋暁斎 蛙を捕まえる猫図より
「線を捕まえる猫図」 ― 河鍋暁斎 蛙を捕まえる猫図より