私どもは古典から現代に至る美人画の系譜を紹介してきました。清方、夢二などが豊穣に育んだ「美人画」世界を、次の世代はどう繋ぐのか。確かな技術を持つ岡本東子・大竹彩奈の二人が、女の「欲」をテーマに描き出します。
私どもは古典から現代に至る美人画の系譜を紹介してきました。清方、夢二などが豊穣に育んだ「美人画」世界を、次の世代はどう繋ぐのか。確かな技術を持つ岡本東子・大竹彩奈の二人が、女の「欲」をテーマに描き出します。
展覧会情報
会期2019年10月4日(金)〜6日(日)
会場東京美術俱楽部(東京都港区新橋6-19-15)
時間10月4日(金) 午前11時 〜 午後8時
10月5日(土) 午前11時 〜 午後6時
10月6日(日) 午前11時 〜 午後5時
備考ブース 3-22
入場料 当日券1,000円 詳細は公式サイトをご覧ください
自分の存在を認めさせたいという欲には果てがない。(岡本東子)
岡本東子「底なしの愚」
岡本東子「底なしの愚」
岡本 東子(おかもと とうこ)
京都生まれ。東京芸術大学大学院美術研究科日本画専攻修士課程修了。
日本画家。対象の本質を正視し、特に女性の内面を撫でるように丹念に描き出す。その筆力は、目に見えない温度や湿度、空気までも画面に写しこみ、幽玄な世界を作り上げる。濃密で不思議な吸引力を持った作品は観者を捕らえて離さない。
盲目的にむさぼり愛した、その行く末を描きました。(大竹彩奈)
大竹彩奈「 愛欲」
大竹彩奈「 愛欲」
大竹 彩奈(おおたけ あやな)
埼玉県生まれ。東京藝術大学大学院美術研究科博士後期課程美術専攻 日本画研究領域修了。
日本画の特徴とされるものが線で何かを表すこととするならば、その「線」の美しさで現代では右に出るものはいないのではないか、と思わせるのが大竹彩奈が女性を描く線である。慎重にさりげなく選びとられた線が、日本女性の色香を余すところなく表現する。日本画という技法がこれほど女性像を描くのにふさわしいものであったのかを改めて気づかされる彼女の作品たちは、まだそのドラマを始めたばかりである。