猫と暮らし、猫を描く-。東洋一の猫描き作家、チン・ペイイ(陳 珮怡)、日本で3回目の個展。
深い美術史への理解に裏打ちされた作品は、日常の事物に細やかな愛情ある描写を見せ、奇跡のような美しさで私達を魅了します。
画集・トートバッグ、シール、ポストカード、バッヂ(ガチャガチャ)などのグッスも用意しています。
猫と暮らし、猫を描く-。東洋一の猫描き作家、チン・ペイイ(陳 珮怡)、日本で3回目の個展。
深い美術史への理解に裏打ちされた作品は、日常の事物に細やかな愛情ある描写を見せ、奇跡のような美しさで私達を魅了します。
画集・トートバッグ、シール、ポストカード、バッヂ(ガチャガチャ)などのグッスも用意しています。
展覧会情報
展覧会チン・ペイイ 個展 2021
会期2021年12月10日(金)〜18日(土)
会場ぎゃらりい秋華洞
時間10:00〜18:00
※初日12月10日のみ20:00まで
備考会期中無休 入場無料
チン・ペイイ「主角」
チン・ペイイ「主角」
チン・ペイイ「點心前的儀式」
チン・ペイイ「點心前的儀式」

「猫を描く場合、やさしく絵筆を下ろしながら猫の毛の模様とふわふわとする感触を描いていきます。また、織物が好きなので、オリジナルな方法で岩絵具を積み重ねて彫刻のような立体とした表現をしています。ゆっくりと絵具を重ね、ひたすら点と線にすることに専念して描き続け、織物を仕上げています。」(チン・ペイイ)

チン・ぺイイ(陳 珮怡)
台湾生まれ。2011年東海大学大学院美術研究専攻修了。 膠彩で人物と猫を描く台湾の画家、チン・ぺイイは以前から池永康晟が「日本画技法で猫を描く」画家として注目してきた。昨年の池永との二人展で猫の絵は完売。今、最も話題の「猫描き」である。2018年11月青幻舎より 「陳珮怡画集 猫さえいれば」刊行。
チン・ペイイ  アトリエにて
チン・ペイイ アトリエにて
チン・ペイイ個展2021 今年もグッズ販売いたします

画集・トートバッグ、シール、ポストカード、バッヂ(ガチャガチャ)などのグッスもご用意してお待ちしております。 >詳細はこちら