猫と暮らし、猫を描く-。
東洋一の猫描き作家、チン・ペイイ(陳 珮怡)待望の個展。
愛猫との暮らしから紡ぎ出される様々な猫の表情。
細密に描かれた絨毯とともに描かれる独特の世界観をお楽しみ下さい。
猫と暮らし、猫を描く-。
東洋一の猫描き作家、チン・ペイイ(陳 珮怡)待望の個展。
愛猫との暮らしから紡ぎ出される様々な猫の表情。
細密に描かれた絨毯とともに描かれる独特の世界観をお楽しみ下さい。
展覧会情報
会期2020年2月22日(土)〜3月4日(水)
会場ぎゃらりい秋華洞
時間10:00〜18:00
備考会期中無休 入場無料
チン・ペイイ「靠山」
チン・ペイイ「靠山」
猫と暮らすアトリエ。絵を描いている間、彼女は静かにずっとそばにいてくれる。
猫と暮らすアトリエ。絵を描いている間、彼女は静かにずっとそばにいてくれる。
制作途中ふと顔を上げると、幸せそうな寝顔を見せてくれる。
制作途中ふと顔を上げると、幸せそうな寝顔を見せてくれる。
チン・ぺイイ(陳 珮怡)
台湾生まれ。2011年東海大学大学院美術研究専攻修了。 膠彩で人物と猫を描く台湾の画家、チン・ぺイイは以前から池永康晟が「日本画技法で猫を描く」画家として注目してきた。昨年の池永との二人展で猫の絵は完売。今、最も話題の「猫描き」である。2018年11月青幻舎より 「陳珮怡画集 猫さえいれば」刊行。