安井 曾太郎(やすい そうたろう)
明治21(1888)京都~昭和30(1955)神奈川 洋画家。はじめ聖護院洋画研究所(現:関西美術院)で浅井忠に師事。のちに渡仏してミレーやピサロ、ことにセザンヌの影響を強く受ける。帰国後は一水会を創立、写生を根底にして、日本の風土に立脚した清楚堅実な写実的作風を確立した。東京美術学校(現:東京芸術大学)教授、二科会会員、帝国美術院会員、帝室技芸員、日本美術評論家連盟初代会長、文化勲章受章。
安井 曾太郎作品のご売却をお考えの方

秋華洞では「安井曾太郎」先生の作品を積極的に買い入れております。
ご所蔵の作品がもしございましたら、ぜひご連絡ください。

美術品買取秋華洞

最新カタログ
カタログ誌
秋華洞
Vol.64
2020「秋号」
美術館とは ひと味ちがう、自分だけの「お気に入り」を探してみてください。
最新カタログのご請求