渡辺 崋山(わたなべ かざん)
寛政5(1793)江戸~天保12(1841)三河 画家、三河田原藩士。金子金陵、谷文晁に師事し南画を学ぶ。一方で西洋画の陰影法を用いた写実的な肖像画も描いている。蘭学者や政治家のリーダー的存在として幕末の政界で活躍するも、保守派の弾圧を受け蟄居。抵抗と失意の中切腹した。
渡辺 崋山
「秋山晩照図」
こちらのサイトに掲載されている作品はごく一部です。
未掲載作品は最新カタログや銀座の店舗でご覧いただけます。
渡辺 崋山作品のご売却をお考えの方

秋華洞では「渡辺崋山」先生の作品を積極的に買い入れております。
ご所蔵の作品がもしございましたら、ぜひご連絡ください。

渡辺崋山の作品を売りたい

最新カタログ
カタログ誌
秋華洞
Vol.75
2024「春号」
美術館とは ひと味ちがう、自分だけの「お気に入り」を探してみてください。
最新カタログのご請求