歌川 広重(二代目)(うたがわ ひろしげ 2だい)
文政9年(1826)~明治2年(1869) 浮世絵師。画号に重宣・喜斎・立祥などがある。重宣を名乗っている初期の頃は、初代広重の画風に倣い、風景画を描く。また、広重襲名後も盛んに師風と似た作品を制作。代表作に《諸国名所百景》など。横浜絵の作例もある。
歌川 広重(二代目)作品のご売却をお考えの方

秋華洞では「歌川広重(二代目)」先生の作品を積極的に買い入れております。
ご所蔵の作品がもしございましたら、ぜひご連絡ください。

美術品買取秋華洞

最新カタログ
カタログ誌
秋華洞
Vol.63
2020「春号」
美術館とは ひと味ちがう、自分だけの「お気に入り」を探してみてください。
最新カタログのご請求