月岡 芳年(つきおか よしとし)
天保10年(1839)~明治25年(1892)浮世絵師。国芳の門人。幕末期には 武者絵 ・ 役者絵 ・ 美人画 など 国芳 風を脱皮に努め、残酷趣味の 無惨絵 など時代風潮を反映した作品を多く描き、「血まみれ 芳年 」などと呼ばれた。明治時代には新聞錦絵の制作で活躍。当時、没落していく浮世絵師の中で最も成功した。
月岡 芳年
「二福人図」
こちらのサイトに掲載されている作品はごく一部です。
未掲載作品は最新カタログや銀座の店舗でご覧いただけます。
月岡 芳年作品のご売却をお考えの方

秋華洞では「月岡芳年」先生の作品を積極的に買い入れております。
ご所蔵の作品がもしございましたら、ぜひご連絡ください。

月岡芳年の作品を売りたい

最新カタログ
カタログ誌
秋華洞
Vol.68
2022「春号」
美術館とは ひと味ちがう、自分だけの「お気に入り」を探してみてください。
最新カタログのご請求