田能村 竹田(たのむら ちくでん)
安永6(1777)豊後~ 天保6(1835) 文人画家。名は孝憲、字は君彝。別号に九畳仙史、随縁居士など。儒学、漢学を唐橋君山、伊藤鏡河らに師事し、『豊後国志』の編纂に携る。絵は谷文晁、淵野真斎らに学び、中国画の研究や多くの文人墨客との交流により独自の画風を確立し、詩歌や書、茶香、華道共にも優れた才能を示す。交際のあった人物に浦上玉堂、上田秋成、頼山陽、岡田半江、青木木米など。養継子の直入他、多くの弟子も育てた。代表作に《松巒古寺図》、《亦復一楽帖》など。
田能村 竹田作品のご売却をお考えの方

秋華洞では「田能村竹田」先生の作品を積極的に買い入れております。
ご所蔵の作品がもしございましたら、ぜひご連絡ください。

田能村竹田の作品を売りたい

最新カタログ
カタログ誌
秋華洞
Vol.70
2022「秋号」
美術館とは ひと味ちがう、自分だけの「お気に入り」を探してみてください。
最新カタログのご請求