谷 文晁(たに ぶんちょう)
宝暦13(1763)~天保11(1841)。文人画家。狩野派を皮切りに、南画・洋風画・大和絵など幅広い画派を修め、「八宗兼学」と言われる独自の画風を確立。のち田安徳川家に仕え、松平定信の元で実績を積む。関東南画の泰斗として名を広めた後画塾・写山楼を開き、渡辺崋山・立原杏所など多くの後進を育成。晩年には法眼に叙された。
谷 文晁作品のご売却をお考えの方

秋華洞では「谷 文晁」先生の作品を積極的に買い入れております。
ご所蔵の作品がもしございましたら、ぜひご連絡ください。

美術品買取秋華洞

最新カタログ
カタログ誌
秋華洞
Vol.63
2020「春号」
美術館とは ひと味ちがう、自分だけの「お気に入り」を探してみてください。
最新カタログのご請求