岡田 三郎助(おかだ さぶろうすけ)
明治2(1869)佐賀~昭和14(1939) 洋画家。はじめ曾山幸彦に、ついで堀江正章に師事。柔らかな光の注ぐ風景の中の裸婦や、肖像画に優れた。1896年、黒田清輝らと共に白馬会の創立に参加し、東京美術学校西洋画科助教授に就任する。翌年渡仏し、ラファエル・コランに師事。審査員をつとめた第1回文展では出品作《紅衣婦人》、《萩》など、次々と着物姿の婦人像を発表し、高く評価された。明治45年、藤島武二と本郷洋画研究所を設立。昭和12年、第1回文化勲章を受章。
岡田 三郎助
「素描」
こちらのサイトに掲載されている作品はごく一部です。
未掲載作品は最新カタログや銀座の店舗でご覧いただけます。
岡田 三郎助作品のご売却をお考えの方

秋華洞では「岡田三郎助」先生の作品を積極的に買い入れております。
ご所蔵の作品がもしございましたら、ぜひご連絡ください。

岡田三郎助の作品を売りたい

最新カタログ
カタログ誌
秋華洞
Vol.68
2022「春号」
美術館とは ひと味ちがう、自分だけの「お気に入り」を探してみてください。
最新カタログのご請求