(伝)尾形 光琳(おがた こうりん)
万治元(1658)京都~正徳6(1716)京都 絵師、工芸家。呉服商雁金屋に生まれる。初め狩野派の画法を学び、のちに俵屋宗達や本阿弥光悦に私淑する。典雅な大和絵を基盤に、豊かな装飾性をと大胆な構図を用いた作風で大成し、その芸術様式は後代に琳派と称される。また、蒔絵や陶器など優れた工芸作品も残す。
(伝)尾形 光琳
「ひゐな」
こちらのサイトに掲載されている作品はごく一部です。
未掲載作品は最新カタログや銀座の店舗でご覧いただけます。
(伝)尾形 光琳作品のご売却をお考えの方

秋華洞では「(伝)尾形 光琳」先生の作品を積極的に買い入れております。
ご所蔵の作品がもしございましたら、ぜひご連絡ください。

美術品買取秋華洞

最新カタログ
カタログ誌
秋華洞
Vol.62
2020「新春号」
美術館とは ひと味ちがう、自分だけの「お気に入り」を探してみてください。
最新カタログのご請求