尾形光琳「槇楓図屏風」(重要文化財)東京芸術大学芸術資料館蔵
尾形光琳「槇楓図屏風」(重要文化財)東京芸術大学芸術資料館蔵
尾形 光琳(おがた こうりん)絵師・浮世絵師(江戸以前)
1658(万治1)〜1716(享保1)
出身県・ゆかりの県:京都
尾形 光琳(おがた こうりん)
江戸中期の絵師・工芸家。京都の裕福な呉服商の次男として生まれる。尾形乾山の実兄。経済的に何不自由のない恵まれた環境の中で成長する。30歳(1687)の時父親が亡くなり莫大な遺産を相続するが、放蕩三昧の生活を送って遺産を使い果たし、弟の乾山からも借金をするほど経済的に困窮していった。それが皮肉にも画家光琳の誕生のきっかけとなる。

初め山本素軒に狩野派を学ぶ。その後俵屋宗達に影響を受け、それに独特の華麗で装飾的な表現を盛り込み、光琳派(琳派)と呼ばれる作風を確立した。大名家の庇護のもと、江戸に5年間ほど移り住むが、晩年は京都に戻り絵画の大作を手がける他、弟の乾山の陶器の絵つけ、うちわ、着物、硯箱など工芸方面でも多彩な活動を行った。
尾形 光琳のことなら、私たちにお任せください!

父の代から40年美術業界で培った経験を元に、作品を責任を持って査定させて頂きます。
ご売却の他、鑑定・修復など、あらゆるご相談に応じます。
親切・丁寧にご説明することをモットーとしておりますので、お気軽にご連絡下さい。
なお、買取りのお見積もりは無料です。

最新カタログ
カタログ誌
秋華洞
Vol.61
2019「秋号」
美術館とは ひと味ちがう、自分だけの「お気に入り」を探してみてください。
最新カタログのご請求