大林 千萬樹(おおばやし ちまき )
明治20(1887)岡山~昭和34(1959)京都 日本画家。名は頼憲。富岡永洗、川合玉堂、鏑木清方に師事。美人画を能くする。第13回巽画会で《胡笳の声》が褒状一等受賞、以後再興院展などで活動、入選を重ねる。江戸の風俗を題材とし、大正初期における院展系美人画の典型となる。日展入選、日本美術展入選、巽画会会員、日本美術院院友。
こちらのサイトに掲載されている作品はごく一部です。
未掲載作品は最新カタログや銀座の店舗でご覧いただけます。
大林 千萬樹作品のご売却をお考えの方

秋華洞では「大林 千萬樹」先生の作品を積極的に買い入れております。
ご所蔵の作品がもしございましたら、ぜひご連絡ください。

美術品買取秋華洞

最新カタログ
カタログ誌
秋華洞
Vol.61
2019「秋号」
美術館とは ひと味ちがう、自分だけの「お気に入り」を探してみてください。
最新カタログのご請求