名和 晃平(なわ こうへい)
昭和50(1975)大阪~ 彫刻家。京都市立芸術大学大学院博士課程終了。マテリアルを表した「PixCell」という独自の概念に基づき作品を制作する。東京都現代美術館での個展をはじめ、犬島「家プロジェクト」、ジャポニスム2018ほか国内外の展覧会・芸術祭に参加、高い評価を受ける。京都造形芸術大学大学院教授。六本木クロッシング2007特別賞、アジアン・アート・ビエンナーレ・バングラデシュ2010最優秀賞受賞。
名和 晃平
「Trans-Speaking」
こちらのサイトに掲載されている作品はごく一部です。
未掲載作品は最新カタログや銀座の店舗でご覧いただけます。
名和 晃平作品のご売却をお考えの方

秋華洞では「名和晃平」先生の作品を積極的に買い入れております。
ご所蔵の作品がもしございましたら、ぜひご連絡ください。

美術品買取秋華洞

最新カタログ
カタログ誌
秋華洞
Vol.64
2020「秋号」
美術館とは ひと味ちがう、自分だけの「お気に入り」を探してみてください。
最新カタログのご請求