武者小路 実篤(むしゃのこうじ さねあつ )
明治18(1885)東京~昭和51(1976)東京 作家、小説家。子爵の家柄に生まれる。学習院時代にトルストイに傾倒。同窓の志賀直哉らと雑誌『白樺』を創刊すると、トルストイから離れて自我肯定の大胆な個人主義を主張する文学を展開した。文化勲章受章。
武者小路 実篤
「トマトのある静物」
こちらのサイトに掲載されている作品はごく一部です。
未掲載作品は最新カタログや銀座の店舗でご覧いただけます。
武者小路 実篤作品のご売却をお考えの方

秋華洞では「武者小路 実篤」先生の作品を積極的に買い入れております。
ご所蔵の作品がもしございましたら、ぜひご連絡ください。

美術品買取秋華洞

最新カタログ
カタログ誌
秋華洞
Vol.62
2020「新春号」
美術館とは ひと味ちがう、自分だけの「お気に入り」を探してみてください。
最新カタログのご請求