武者小路実篤「静物」
武者小路実篤「静物」
武者小路 実篤(むしゃのこうじ さねあつ)筆跡
1885(明治18)〜1976(昭和51)
出身県・ゆかりの県:東京
交流関係:志賀 直哉
武者小路 実篤(むしゃのこうじ さねあつ)
小説家・劇作家・詩人・画家・思想家。子爵の家柄に生まれる。東京帝国大学中退。その後学習院同窓の志賀直哉らと雑誌「白樺」を創刊し、それまで傾倒したトルストイから離れ自我肯定の大胆な個人主義を主張する文学を展開する。大正7年、自己の生活と社会の改造をめざした「新しき村」を創設、大正の終わりまで共同生活を送る。昭和にはいると美術への関心を深め、平明で親しみのある書画を遺した。
武者小路 実篤のことなら、私たちにお任せください!

父の代から40年美術業界で培った経験を元に、作品を責任を持って査定させて頂きます。
ご売却の他、鑑定・修復など、あらゆるご相談に応じます。
親切・丁寧にご説明することをモットーとしておりますので、お気軽にご連絡下さい。
なお、買取りのお見積もりは無料です。

最新カタログ
カタログ誌
秋華洞
Vol.61
2019「秋号」
美術館とは ひと味ちがう、自分だけの「お気に入り」を探してみてください。
最新カタログのご請求