木庵 性瑫(もくあん しょうとう)
万暦39(1611)~ 貞享元(1684) 臨済宗黄檗派(黄檗宗)の僧。山城国宇治の黄檗山萬福寺に入り、隠元の法席を継いだ。能書家としても知られ、隠元、即非と共に黄檗三筆と称されている。
木庵 性瑫
「「縄頭做一場」一行」
木庵 性瑫
「「別是一乾坤」一行」
木庵 性瑫
「「楊岐栗棘蓬」一行」
こちらのサイトに掲載されている作品はごく一部です。
未掲載作品は最新カタログや銀座の店舗でご覧いただけます。
木庵 性瑫作品のご売却をお考えの方

秋華洞では「木庵性瑫」先生の作品を積極的に買い入れております。
ご所蔵の作品がもしございましたら、ぜひご連絡ください。

木庵性瑫の作品を売りたい

最新カタログ
カタログ誌
秋華洞
Vol.68
2022「春号」
美術館とは ひと味ちがう、自分だけの「お気に入り」を探してみてください。
最新カタログのご請求