幸田 露伴(こうだ ろはん)
慶応3(1867)江戸~昭和22(1947)千葉 本名、幸田成行。号は蝸牛庵。築地の中央電信局に勤務、技師として北海道に赴任するが、職を捨て帰京。『露団々』、『風流仏』などの作品により、文壇デビュー、作家としての地位を確立。写実派の尾崎紅葉と人気を二分し、紅露時代と呼ばれる黄金時代を築いた。芸術院会員。文化勲章受章。代表作は『五重塔』『運命』など。
幸田 露伴作品のご売却をお考えの方

秋華洞では「幸田露伴」先生の作品を積極的に買い入れております。
ご所蔵の作品がもしございましたら、ぜひご連絡ください。

幸田露伴の作品を売りたい

最新カタログ
カタログ誌
秋華洞
Vol.68
2022「春号」
美術館とは ひと味ちがう、自分だけの「お気に入り」を探してみてください。
最新カタログのご請求