梶田 半古(かじた はんこ )
明治3(1870)東京~大正6(1917)東京 日本画家。本名錠次郎。鍋田玉英に師事、玉洲と号す。後に石井鼎湖に南画を学び、古画を独学して鈴木華邨に兄事。号を半古と改める。尾崎紅葉などの小説挿絵を数多く手掛けると同時に後進育成にも力を入れ、門下からは小林古径、前田青邨、新井勝利、奥村土牛ら多くの日本画家が輩出した。
梶田 半古作品のご売却をお考えの方

秋華洞では「梶田 半古」先生の作品を積極的に買い入れております。
ご所蔵の作品がもしございましたら、ぜひご連絡ください。

美術品買取秋華洞

最新カタログ
カタログ誌
秋華洞
Vol.59
2019「春号」
美術館とは ひと味ちがう、自分だけの「お気に入り」を探してみてください。
最新カタログのご請求