甲斐庄 楠音(かいのしょう ただおと)
明治25(1894)京都~昭和53(1978)東京 日本画家、風俗考証家。京都市立絵画専門学校(現:京都市立芸術大学)卒業。川北霞峰に師事。卒業制作の《横櫛》を村上華岳の勧めで国展に出品し、入選。以後国展に出品を重ねる。大正期の退嬰的、官能的な美人画を得意とする。また風俗考証家として溝口健二監督の映画制作にも携わった。
甲斐庄 楠音
「佳人坐像」
甲斐庄 楠音
「立女」
甲斐庄 楠音
「かん音開き」
甲斐庄 楠音
「雪女郎」
甲斐庄 楠音
「臥女」
甲斐庄 楠音
「夕化粧」
甲斐庄 楠音
「美人」
甲斐庄 楠音
「夏すかた」
こちらのサイトに掲載されている作品はごく一部です。
未掲載作品は最新カタログや銀座の店舗でご覧いただけます。
甲斐庄 楠音作品のご売却をお考えの方

秋華洞では「甲斐庄楠音」先生の作品を積極的に買い入れております。
ご所蔵の作品がもしございましたら、ぜひご連絡ください。

美術品買取秋華洞

最新カタログ
カタログ誌
秋華洞
Vol.63
2020「春号」
美術館とは ひと味ちがう、自分だけの「お気に入り」を探してみてください。
最新カタログのご請求