常如(じょうにょ)
寛永18(1641)~元禄7(1694) 浄土真宗の僧侶、東本願寺第15代法主。院号は泥恒院。法名は光晴。別号に愚水、皆山、夢香亭。東本願寺第14代琢如の長男。関白九条幸家の猶子。母は関白近衛信尋の娘。阿弥陀堂の再建に尽力した。また、武人であり文人の石川丈山と親交し、俳諧にも優れた。
常如
「村越道伴宛書状」
こちらのサイトに掲載されている作品はごく一部です。
未掲載作品は最新カタログや銀座の店舗でご覧いただけます。
常如作品のご売却をお考えの方

秋華洞では「常如」先生の作品を積極的に買い入れております。
ご所蔵の作品がもしございましたら、ぜひご連絡ください。

美術品買取秋華洞

最新カタログ
カタログ誌
秋華洞
Vol.62
2020「新春号」
美術館とは ひと味ちがう、自分だけの「お気に入り」を探してみてください。
最新カタログのご請求