石崎 光瑶(いしざき こうよう)
明治17(1884)富山~昭和22(1947) 日本画家。琳派の画家山本光一に師事したのち、竹内栖鳳に入門。インドへの取材旅行を通じて、装飾的な画風を獲得し、文展、帝展で入選を重ねる。昭和8年に高野山金剛峯寺の依頼を受けて、貴賓室の襖絵制作に取り組む。京都市立絵画専門学校(現:京都市立芸術大学)教授。
石崎 光瑶
「双雞」
こちらのサイトに掲載されている作品はごく一部です。
未掲載作品は最新カタログや銀座の店舗でご覧いただけます。
石崎 光瑶作品のご売却をお考えの方

秋華洞では「石崎 光瑶」先生の作品を積極的に買い入れております。
ご所蔵の作品がもしございましたら、ぜひご連絡ください。

美術品買取秋華洞

最新カタログ
カタログ誌
秋華洞
Vol.62
2020「新春号」
美術館とは ひと味ちがう、自分だけの「お気に入り」を探してみてください。
最新カタログのご請求