細川 成之(ほそかわ しげゆき)
永享6(1434)京都~永正8(1511) 守護大名。 東山文化を代表する文化人の1人として知られ、連歌師尭恵・猪苗代兼載や横川景三と交流があり『新撰菟玖波集』撰集を後援、兼載から『薄花桜』を進呈された。また、絵画・犬追物・蹴鞠・猿楽にも通じていた。
細川 成之作品のご売却をお考えの方

秋華洞では「細川成之」先生の作品を積極的に買い入れております。
ご所蔵の作品がもしございましたら、ぜひご連絡ください。

細川成之の作品を売りたい

最新カタログ
カタログ誌
秋華洞
Vol.70
2022「秋号」
美術館とは ひと味ちがう、自分だけの「お気に入り」を探してみてください。
最新カタログのご請求