菱田 春草(ひしだ しゅんそう)
明治7(1874)長野~明治44(1911)東京 日本画家。結城正明に日本画を学ぶ。東京美術学校を卒業し教員となるが、東京美術学校騒動で大観らと共に同校を辞職。日本美術院創立に参加した。没線描法を用いた朦朧体で描く。大観とインド・欧米に旅行し、帰国後「絵画に就いて」を発表。琳派の装飾性を研究し、《黒き猫》などを描く。大観とともに革新的な日本画を試みるが、志半ばにして早逝した。
菱田 春草作品のご売却をお考えの方

秋華洞では「菱田 春草」先生の作品を積極的に買い入れております。
ご所蔵の作品がもしございましたら、ぜひご連絡ください。

美術品買取秋華洞

最新カタログ
カタログ誌
秋華洞
Vol.61
2019「秋号」
美術館とは ひと味ちがう、自分だけの「お気に入り」を探してみてください。
最新カタログのご請求