速水 御舟(はやみ ぎょしゅう)
明治27(1894)東京~昭和10(1935) 日本画家。本名は蒔田栄一。別号に禾湖、浩然がある。松本楓湖の安雅堂画塾に入門、明治11年巽画会展にて『室寿の讌』が宮内省買い上げとなり、翌年より原三渓の援助を得る。同門の今村紫紅と親しく、作風は始め紫紅に学びながら、40年の短い生涯を通して人物画、花鳥画、風景画、とその時々に応じて多様な画風・作域を挑戦的に展開し、琳派の装飾や西洋画の写実を昇華させた日本画の新境地を示した。
速水 御舟
「女性像」
こちらのサイトに掲載されている作品はごく一部です。
未掲載作品は最新カタログや銀座の店舗でご覧いただけます。
速水 御舟作品のご売却をお考えの方

秋華洞では「速水御舟」先生の作品を積極的に買い入れております。
ご所蔵の作品がもしございましたら、ぜひご連絡ください。

美術品買取秋華洞

最新カタログ
カタログ誌
秋華洞
Vol.64
2020「秋号」
美術館とは ひと味ちがう、自分だけの「お気に入り」を探してみてください。
最新カタログのご請求