端館 鶴川(はしだて かくせん)
明治28(1895)千葉~昭和29(1954)千葉 画家。名は芳松。別号に芳洲、九皐。麻生家に生まれ、幼少より丸島白洋に絵画の手ほどきを受ける。上京後は端館紫川に師事し、端館姓となった。師の後を継いで宮内省御用画家を務め、中国の南画研究に励み文展や帝展に入選した。
端館 鶴川作品のご売却をお考えの方

秋華洞では「端館鶴川」先生の作品を積極的に買い入れております。
ご所蔵の作品がもしございましたら、ぜひご連絡ください。

端館鶴川の作品を売りたい

最新カタログ
カタログ誌
秋華洞
Vol.70
2022「秋号」
美術館とは ひと味ちがう、自分だけの「お気に入り」を探してみてください。
最新カタログのご請求