藤原 為家(ふじわら の ためいえ)
ふじわら・の・ためいえ 建久9(1198)~ 建治元(1275)鎌倉中期の公卿、歌人。出家後は融覚、静真と号した。父は藤原定家、母は内大臣藤原実宗の娘。後嵯峨院歌壇の中心的な歌人として、勅撰集『続後撰和歌集』『続古今和歌集』を編纂する。晩年は阿仏尼を側室とした。家集に『大納言為家集』『中院集』等、歌論書に『詠歌一躰』、注釈書に『古今序抄』『後撰集正義』がある。
藤原 為家作品のご売却をお考えの方

秋華洞では「藤原 為家」先生の作品を積極的に買い入れております。
ご所蔵の作品がもしございましたら、ぜひご連絡ください。

美術品買取秋華洞

最新カタログ
カタログ誌
秋華洞
Vol.60
2019「夏号」
美術館とは ひと味ちがう、自分だけの「お気に入り」を探してみてください。
最新カタログのご請求