藤田 嗣治(ふじた つぐはる)
明治19(1886)東京~昭和43(1968)スイス 画家。森鷗外のすすめにより東京美術学校(現:東京芸術大学)西洋画科に入学。黒田清輝に師事。大正2年渡仏し、モディリアーニ、ピカソらと交友。サロン・ドートンヌ、サロン・デ・テュイルリー会員。二科会会員。後、帝国芸術院会員となる。昭和24年の渡仏でフランス国籍を取得。カトリックの洗礼名は「レオナール」。「乳白色の肌」と呼ばれた独特の表情をもつ色彩は西洋画壇で高く評価された。
藤田 嗣治作品のご売却をお考えの方

秋華洞では「藤田 嗣治」先生の作品を積極的に買い入れております。
ご所蔵の作品がもしございましたら、ぜひご連絡ください。

美術品買取秋華洞

最新カタログ
カタログ誌
秋華洞
Vol.61
2019「秋号」
美術館とは ひと味ちがう、自分だけの「お気に入り」を探してみてください。
最新カタログのご請求