荒木 経惟(あらき のぶよし)
昭和15年(1940)東京~ 写真家。千葉大学工学部写真印刷工学科写真映画専攻卒業。電通に勤務し広告写真を撮る傍ら作品を制作、私家版写真集を刊行し、64年に《さっちん》で第1回太陽賞を受賞。妻・陽子との新婚旅行を記録した『センチメンタルな旅』は、個人的な私生活を被写体とする「私写真」の原点となる。以後人物、花、都市など、多岐にわたるモチーフを撮影し、500冊以上の写真集を発表、国内外の展覧会で高い評価を得る。オーストリア科学・芸術勲章、第6回安吾賞、第54回毎日芸術賞特別賞受賞。
荒木 経惟
「写真集『色情花』より」
こちらのサイトに掲載されている作品はごく一部です。
未掲載作品は最新カタログや銀座の店舗でご覧いただけます。
荒木 経惟作品のご売却をお考えの方

秋華洞では「荒木経惟」先生の作品を積極的に買い入れております。
ご所蔵の作品がもしございましたら、ぜひご連絡ください。

美術品買取秋華洞

最新カタログ
カタログ誌
秋華洞
Vol.66
2021「夏号」
美術館とは ひと味ちがう、自分だけの「お気に入り」を探してみてください。
最新カタログのご請求