与謝蕪村「夜色楼台図」
与謝蕪村「夜色楼台図」
与謝 蕪村(よさ ぶそん)絵師・浮世絵師(江戸以前)
1716(享保1)〜1783(天明3)
出身県・ゆかりの県:
こちらのサイトに掲載されている作品はごく一部です。
未掲載作品は最新カタログや銀座の店舗でご覧いただけます。
与謝 蕪村(よさ ぶそん)
 幼少の頃は不明であるが、二十歳前後に江戸へ出て、俳人として活躍を始める。諸国を巡遊し、晩年京都に移り住む。画が大成し、画家としての充実を迎えるのは六十三歳前後といわれる。即興的で軽妙な俳画に独自の領域を開拓するとともに、山水では彩色の美しさが洗練される。その画の完成は最晩年、美しい墨色の獲得にあり、白と黒のコントラスト、とりわけ夜の夜気、冷気までを伝える描写は、南画、俳画に区別されるべき蕪村の絵画様式である。また根底に、老荘思想、道教への強い傾倒があったことが指摘されている。
与謝 蕪村のことなら、私たちにお任せください!

父の代から40年美術業界で培った経験を元に、与謝 蕪村作品を責任を持って査定させて頂きます。
ご売却の他、鑑定・修復など、あらゆるご相談に応じます。
親切・丁寧にご説明することをモットーとしておりますので、お気軽にご連絡下さい。
なお、買取りのお見積もりは無料です。

最新カタログ
カタログ誌
秋華洞
Vol.60
2019「夏号」
美術館とは ひと味ちがう、自分だけの「お気に入り」を探してみてください。
最新カタログのご請求